『減損会計』の鑑定評価

 

 減損の兆候がある場合には、固定資産の減損の検討が必要になります。

 正味売却額を算出する場合で、重要性が高い不動産を有する場合には、会計等にも精通した不動産鑑定士へのご依頼をお薦め致しております。

 ※『のれん』の鑑定評価をご参照いただきますと幸いです。 

 

 財務諸表等関連の鑑定評価の実績も多く、ご好評もいただいたおります。

 

 どうぞお気軽にお声掛けいただきますと幸いです。

 

 

 一日も早い新型コロナウィルスの終息を切に願います。

 

 皆様におかれましては、新型コロナウィルスには、引き続きくれぐれもお気を付け下さいませ。