国税に完全勝訴


 先日、国勢との裁判において、弊社の不動産鑑定評価書が国税に対し完全勝訴致しました。(2020.10月下旬勝訴確定)

 

 

 不動産の価値の把握は、その物件調査(物的、法的、行政的な制約等)に始まり、また、その土地上の建物については、住宅診断・中長期修繕計画等の結果をも織り込んだ不動産の鑑定評価を行うことが理想的です。

 

 一般的な鑑定評価書の写真が4~10枚程度のところ、弊社では、建物付きの物件で、基本的に30枚前後~50枚位、またはそれ以上添付させていただいております。手間は3~5倍以上かかりますが、それ以上にしっかりと土地と建物を診断(定性分析)して、評価(定量分析)をしていると自負しております。 

 

 上記完全勝訴した鑑定評価書は土地のみの評価ですが、80枚前後の写真を添付し、説得力の高い鑑定評価書を作成しております。

 さらに、高度な重回帰分析を活用し評価を行い、さらに客観性を高めて評価を行いました。

 不動産の個別性等特徴を明示した簡潔な文章、資料の見やすさも優り、裁判官及び国税の方々にもご納得いただけたのではないかと思われます。

 その他の裁判・調停でも不動産の増減価要因を建物診断や最終的な減価要因の細分析などを通して、他の鑑定事務所との差別化を図り、評価を行っていると自負しております。 

 

 

 また、ご依頼頂いた案件毎にカスタマイズした形での成果品をより見やすく、十分納得していただけるよう作成することをモットーにしております。

  

 全国案件も多数対応致しておりますので、場所を問わずご遠慮なくお申し付けいただきますと幸いです。