『のれん』の鑑定評価

 企業のM&Aの際に、不動産が存し、鑑定評価をご依頼される場合には、

 

 会計・財務分析等に自信を有する不動産鑑定士へのご依頼をお薦め致しております。

 ※弊社代表が公認会計士短答式合格履歴を有しております。

 

 その理由としましては、連結会計上での仕訳や調整項目等も含め、スキーム全体の立ち位置を把握した上で、不動産鑑定評価の立場からの御提案をさせていただくことが可能となるからです。

 

  財務諸表関連評価の実績も多数有し、 ご好評をいただいております。

 

 さらに、弊社では、建物診断的な要素も加味して、建物についても詳細に調査した上で鑑定評価額を算出致しますので、特に大規模修繕を行っている場合には、その施工の質も含め判定し、評価を算出致しております。

 場合により、現地調査にて劣化状況等が判明する場合、意匠が凝り過ぎて劣化スピードが早まっている場合、地盤の良好も建物価値に影響を及ぼす場合もあります。一方で、新築施工時の施工の質が良好な場合など、その個々の状況におきまして、鑑定評価額へ織り込みます。

 

 建物の詳細調査により、定性的な分析を行い、鑑定評価手法により定量分析を行うことが可能になります。

 

 どうぞお気軽にお声がけ下さい。

 

 その先の事業会社様と皆々様の御発展と御健勝をお祈り致しております。